婚活の必勝ポイントはここ。知らないとせっかくの婚活が空回りしてしまう重要なポイントです。


36~39才女性の婚活必勝ポイント

婚活は「性別・年代別」に適した方法(フィールドと攻略法)があります。

【女性36-39才の、お見合い婚活】

大変お待たせいたしました。皆さまから特にご質問の多い「性別年代」のひとつが「女性の30代後半」でございます。

結論から申し上げますと、女性30代後半の方でも、毎月、お見合い婚活で成婚退会される方は数多くいらっしゃいます。

それではどんな「女性30代後半の方」が成婚退会されているのでしょうか。どうやらそこには共通点があるようです、今回はその共通点をさぐっていきましょう。

[共通点、其の1]

30代後半で成婚退会される女性の多くは「自分から、お見合い申込みをどんどん入れる人」のようです。

前号でもお話しましたが、男性が女性を検索する際、「35才以下」で検索する方が統計上最も多いです。

しかし35才以下で検索をされてしまうと、30代後半の方は残念ながら検索結果には表示されないこととなります。

(※ちなみに男性も50才を超えると、40才以下で女性検索をする方が多いです)

言い換えれば、「お相手からの申込みを、期待して待っていてはいけない世代」とも言えます。

(※いただくお申込みは、50才以上の男性も多くなる)

自分から積極的にお申込みを入れていけば、自分の存在を男性に知って貰うことができるのです。


私も入会面談をさせて頂く際に感じることですが、この年代の女性は、本当にステキな方が沢山いらっしゃいます。

お相手男性に見つけて貰うことさえできれば、十分にお見合い婚活でも結婚ができるのです。

但し、「婚活と年齢」は、どうしても切っても切れない重要なポイント。

もし「お申込み」をした男性に、全く同じタイミングで「女性20代」「女性30代前半」の方がお申込みを入れていたら…、

とても厳しい話ではありますが、年齢の若い女性が選ばれる傾向が、見ているとやはり強いようです。

ここでもう一つの共通点が見えてきます。


[共通点、其の2]

それは、「諦めない、めげない」ことです。

「お断りされて当たり前、受諾されればラッキー」と考えていて、凹むことはありますが、絶対にめげません。

たしかに自分が申し込んだ人からお返事が来ないと、誰でも凹みます。それはよく分かります。

でも、凹んで居続けても仕方がないのです。今できる「よりベターな方法」を続ける以外にありません。

あきらめずに、毎週コンスタンスにお申込みを入れ続け、赤い糸を見事に結んでいるのです。


[共通点其の三]

人は男女限らず年齢を重ねると、人間性も磨かれます。

その人間性が光るプロフィールを作ることで、年齢という「弱みを強みに変える」人がいます。

そんな深い人間性に惹かれる男性は少なくありません。

そんな30代後半女性は選ばれて結婚していくようです。


[今回のポイント]

1.とにかく自分から「お見合い申込み」を入れ続ける。
2.断られて当たり前と考え、凹んでもあきらめない、めげない。
3.プロフィールを大人の魅力あるものにブラッシュアップ。
4.自分に頂いたお申込みは、大切に慎重に考え対応する。
5.毎日ログインして、新入会男性を見逃さずに良いと思ったら即お申込みする。

Copyright (C) 2018 婚活塾ひろ結婚相談所(東京新宿・大阪梅田・名古屋・札幌) All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com