婚活の必勝ポイントはここ。知らないとせっかくの婚活が空回りしてしまう重要なポイントです。


30~34才女性の婚活必勝ポイント

婚活は「性別・年代別」に、適した方法(フィールド戦略?)があります。

【女性30-34才の、お見合い婚活】

実はこの「性別年代」は、いちばん伝えたい事が多い性別年代でもあり、メルマガネタとしても、後回しにするかどうか迷いました。しかし、やはり順番にお伝えしていきたいと思います。

結論から申し上げれば、この性別年代の女性は、「もし結婚をしたいのであれば、すぐに動こう!」というのが結論です。

結婚相談所において「一番成婚者が多い世代」と言って過言ではありません。

なぜならこの次に訪れる年代と比較して、結婚の「しやすさ」に関しては、たいへん酷な表現にはなりますが、「大きな差」があるからです。

20代が終わり…いよいよ三十路。
うちに入会されるこの「性別年代」の方にお話を伺うと、「結婚どうしよう」と、初めて真剣に悩む「ひとつ目の節目」のようです。

晩婚化と言われて久しいですが、日本全国が同じ訳ではありません。国の統計を見てみると、やはり大都市圏ほど晩婚化は深刻です。一体なぜなのでしょうか?

理由を調べてみると、
・仕事が忙しく充実している(立場もでき収入も上がった)。
・周りの同世代女性も独身者が多い(さほど危機感は感じない)。
・衰えも感じにくく合コンに誘われたり20代に見られたりする。
などがあげられる様です。

しかし、信号に例えれば、実は「黄色に変わる直前の青信号」なのです。

ことわざに、自分のことを思って叱ってくれる人が居なくなる、という意味で「言ってもらえるうちが花」という言葉があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NETで意味を調べてみると、

色々言ってもらえるのは、気にしてくれているから。何も言われなくなったら、諦められたか、見捨てられたのかも知れません。言われるのはうるさいと感じますが、聞く耳を持っていたいものです。

と、ありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は結婚も同じで、周りから言われなくなったら、黄色信号が灯ります。この性別年代を超えてしまうと、おそらく周りから言われなくなります。黄色信号が灯ってからの婚活は、想像以上に物凄いエネルギーを使います。

今日この性別年代に居て、この記事を読まれた方はラッキーだと思います。

結婚をしたいのであれば、すぐに動くことをお薦めいたします。四方八方にアンテナを立てれば、まだたくさんのチャンスがありますから。

[今回のポイント]
1.この「性別年代」に居て、この記事を読まれた方はラッキーだと思います。
2.周りから言われなくなると、青信号から黄色信号に変わってしまいます。
3.黄色信号が灯ってからの婚活は、想像以上に物凄いエネルギーが必要です。
4.結婚はしないと思っていても、アラフォーを過ぎてしたくなる女性が多数。
5.結婚相談所のお相手検索で、ほとんどの男性は35才以下で検索しています。

Copyright (C) 2018 婚活塾ひろ結婚相談所(東京新宿・大阪梅田・名古屋・札幌) All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com